JIS規格コンテナ/建築用コンテナ –建築確認申請対応

    JIS規格コンテナ

    JIS規格コンテナとは? ISO規格との違いは?

    海上コンテナはコンテナ船とセミトレーラーの輸送を前提に世界共通のISO規格にて製造が行われている物流器具です。その堅牢さや、輸送が容易である事、クールなデザイン性等からそれらの利点を生かし、他の用途に使用される事が増えています。それらの用途のうち、最もポピュラーなのが、コンテナを倉庫、オフィス、住居、ホテル、グランピング施設等の建材としてコンテナを使用する事です。国土交通省の見解では、このように使用されるコンテナは物流容器ではなく、建築物であり、建築基準法に沿った方法にて運用される必要があります。建物として、コンテナを使用する場合に順守すべき法令がいくつかありますが、その中で鉄骨などの部材(この場合はコンテナが該当)は日本の品質規格である、日本工業規格(JIS規格)に適合するものを使用する必要があり、それらの部材が使用されている建築用のコンテナを、JIS規格コンテナと呼んでいます。弊社ではJIS規格コンテナの販売を行っております。

    JIS規格コンテナのサイズ等

    一般的な20フィート、40フィート(背高タイプを含む)に加えて、10フィート、12フィート、また、それ以外の特殊サイズのご提供も可能です。

    建築確認申請に必要な書類など

    建築確認申請に必要となるコンテナ図面、ミルシート(鋼材検査証明書)等もご提供致します。

    JIS規格コンテナの対応地域

    日本全国に納品が可能です。

    お問合せ

    弊社では、お客様のご要望に沿ったサイズ、形状のJIS規格コンテナをご提供致します。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

    コンテナに関するご相談・お問合せはお気軽にご連絡下さい。
    お問合せフォーム
    (24時間受付)

    お電話やFAXでのお問合せもお受けしております。
    TEL:045-548-5226  /FAX045-522-2355

    関連コンテナ

    特集記事

    TOP