ライノスコンテナはコンテナを活用したソリューションをお客様と一緒に考える会社。ISO・JIS規格コンテナ等 様々なコンテナを取扱しています。お気軽にご相談下さい。

    ワンウェイコンテナ (One Way Container)

    ドライコンテナ(Dry Container)

    ワンウェイコンテナとは?

    コンテナの生産地である中国のコンテナ港から、日本への輸送の一回だけ、実入りで使用したコンテナの事をワンウェイコンテナと呼んでいます。一般的に新造コンテナの状態から、一度だけ輸送に使用するため、ワンウェイコンテナほぼ新品(厳密にいえば新古)の状態のコンテナとも言えます。外装、内装、床などに傷や汚れがございますが、新造コンテナでも、コンテナ輸送の特性上、完全に無傷での輸送は難しく、通常の使用方法でも、コンテナには傷や汚れが付くものだと割り切ってしまえばワンウェイコンテナには価格面のメリットがあります。

    新造コンテナとワンウェイコンテナの比較

    比較項目ワンウェイコンテナ
    (実入り輸送)
    新造コンテナ
    (空コンテナ輸送)
    価格空コンテナ輸送に比べると割安
    (船賃は荷主負担となるため)
    ワンウェイに比べると割高
    (船賃、通関費用などが掛かるため)
    種類一般的なサイズと種類に限られる。
    ※ 主に20フィート、40フィートハイキューブ(背高)
    ※ 荷主のニーズが少ないサイズ、種別のコンテナのワンウェイ輸送は難しい。
    どのようなコンテナでも対応可能
    輸送所要日数(注1)1ヵ月~2ヵ月程度2週間~2ヵ月程度
    メリット比較的安価である。未使用である。
    傷や汚れは少ない。
    日本全国のコンテナ港への輸送が可能。
    デメリット多少の傷や汚れなどがある。
    輸送に日数がかかる。
    原則、国内主要港への輸送が前提となる。
    ワンウェイと比較すると多少割高となる。

    注1:コンテナの製造日数は同一で比較した場合

    ライノスコンテナのコンテナソリューション

    ライノスコンテナでは、お客様のご要望に応じて、数台のコンテナから、大量数のコンテナまで、また、日本全国のメインポートへの様々なワンウェイコンテナのソリューションをご提案致します。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

    ご相談・お問い合わせ

    コンテナに関するご相談・お問い合わせはライノスコンテナへ

    • ■コンテナに関するご質問・ご相談にコンテナ業務のプロがご相談に乗ります。
    • ■新造・中古コンテナの販売・買取・リース・レンタル・修理・カスタマイズの相談も可能
    • ■ISO・JIS規格コンテナ・特殊コンテナ等様々なコンテナを取扱。日本全国配送対応

    メールにて365日・24時間受付中

    お問い合わせフォーム(無 料)

    お電話でのお問い合わせ(受付時間9:00-18:00・土日祝休)

    TEL:045-548-5226

    ライノスコンテナ株式会社
    〒221-0052 横浜市神奈川区栄町5-1 横浜クリエーションスクエア14F

    この記事に関連するコンテナ情報

    TOP
    コンテナに関するご相談・お問い合わせ受付中
    お問い合わせフォーム